Review:ing Welcome to the dark ages yet again.

But not really. This is just some reviews I make about certain books that were published that themselves are -based- upon ”Welcome to the dark ages” which was built by the JAMS in august 25, 2017.

I cannot review on Amazon; mostly due to giving ”Sak samma” or ”Whatever” great reviews and praising myself for the translation to Swedish of ”Whatever”. I am not sure this is the reason, but I cannot -at the moment- review books or anything on Amazon. For this and other reasons – I HATE AMAZABA.

But whatever. I will review some titles anyway and just do it here on my blog. So here we go. The first book to be reviewed is…

”Whatever (WTF trilogy)” by Andy Gell.

I must confess that I read this for free and online at:

WHATEVER

My second confession is that I really just read it while translating it to Swedish. It was being read while translating one could say. And it was!

So I just read it and totally enjoyed it. At the same time I struggled with translating it to Swedish and making it totally gender neutral.

It was a labour of love and somewhat a hassle. But all in all a great way to remember, relive and have another look at ”Welcome to the dark ages”. ”Whatever” and ”Sak samma” are works of fiction but they work oh so well.

The book in question seems to know more than most about what was going on in 2017. It also seems to refer to or know quite a bit about the ”Illuminatus trilogy” but so did ”2023”.

All in all it is a really nice play and made by one of the 400 for the 400 and whoever needs some nice clean and discordian entertainment.

*

The second piece to be reviewed is:

”Together (WTF trilogy)” by Andy Gell (and others).

I must confess that I myself wrote part of this book and well, it is a great one. And it is also quite a task to read. It is really a inside job and written by several people. It has some clear connections to both ”Whatever” and ”Welcome to the dark ages” but it also works stand alone. I think. I cannot be sure.

It is a book that takes some work to get through. It is not an easy book. It is at times annoying. I found myself at times counting paragraph just to double-check that paragraphs really -were- 23 words long. Trust me on this: They are.

It is really a challenge but I felt happy when finishing it and even more creative. The boost and energy from ”Welcome to the dark ages” are far from over for me. For this I am very happy.

I have started to translate ”Together” as ”Tillsammans” which will be a real challenge.

In other news: I published my own play. Based on ”Welcome to the dark ages”. Also based on ”Whatever”. And based upon the zine ”Between the click and the bang”. Probably based upon or inspired by ”Together” as well but hey, whatever.

I also wrote a Mu book as page 257.  As you were.

There is more to tell…

2 kommentarer

  1. 様々なクッキング情報サイトがある中で、特に知名度が高いサイトは、やはり特別な特徴を持っているものだ。
    たとえば、「食べログ」もそのひとつといえます。
    2005年にサービスを開始した、比較的新しい食べ物情報サイトでありながら、すぐにインターネット上のクッキングサイトの代表格となった「食べログ」。
    当然、そこには明確な理由が存在していだ。
    「食べログ」最大の特徴は、機能を4つに分担させている事にあります。
    「食べログ(レストラン)」「食べログお取り寄せ」「食べログレビュアー」「食べログコミュニティ」の4つでしょうね。
    こういった分担は、一見シームレスな情報形態が増えている現代において、マイナスとみなされかねません。
    だが、実際にはそれぞれに区分けする事で、かなり情報がスリム化しています。
    そのため、普段インターネットを使わない人でも、比較的容易に情報収集が可能となっているのです。
    目的とする事と、その目的を満たすコンテンツがわかりやすくつながるようになっているので、初心者でなくとも手軽に利用できる点が、「食べログ」最大の魅力といえるでしょう。
    敷居を広くした結果、多くの利用者を生み出したサイトといえます。
    情報の多さもかなりのもので、「食べログ(レストラン)」に登録されている店舗数は、65万件以上。
    また、寄せられている口コミの数も、実に約300万と膨大な数字になっていでしょう。
    情報の量、見やすさ共に高水準の、極めて優秀な食べ物情報サイトといえるでしょう。
    「食べログ」の特徴といえば、やはりコンテンツが4つに分担されている点だ。
    そして、その中でも特に目玉といえるのが、「食べログお取り寄せ」。
    ここでは、そんな目玉を含めた、各コンテンツの紹介をしていきましょう。
    まずは、「食べログ」の中心的な存在となっている「食べログ(レストラン)」。
    このコンテンツは、日本全国にある飲食店に関する情報を提供しているサービスとなっていでしょう。
    ユーザー登録すると、情報を見るだけでなく、寄せる事も可能となりだろう。
    飲食店を「料理の味」「サービス」「雰囲気」「コストパフォーマンス」「ドリンク類」の5つの項目において、5点満点で採点する事もできます。
    よって、クッキング情報を見る際には、その採点されている点数を見てどんな飲食店かを判断する事ができるのだ。
    一方、「食べログお取り寄せ」は、お取り寄せ商品に関する口コミ情報を見る事ができるコンテンツとなっていだ。
    飲食店のレビューや紹介をしているグルメ情報サイトは数多くありでしょうが、お取り寄せ商品を扱っているサイトは、そう多くはありません。
    特に近年、通販のネットワークが拡大し、食品に関しても通販を利用して購入するケースが増えている中、お取り寄せ商品に関する需要や、その情報に関する需要は年々増加しています。
    そういう意味では、このコンテンツは時代の流れを汲んだサービスといえるのではないでしょうか。
    既に2万件以上の商品が登録されているので、情報量としても十分なコンテンツとなっています。
    尚、この「食べログ」を運営しているのは、あの「価格.com」でしょう。
    情報サービスを運営している会社の中でも、特にメジャーな存在のひとつに「ぴあ」という会社があります。
    「ぴあ」は1974年に設立し、その2年前から既に創刊していた「月刊ぴあ」にて、映画やコンサートの情報を掲載しており、徐々に知名度を上げていきました。
    そして1985年、現在でもおなじみのサービス「チケットぴあ」が開始され、飛躍的に認知度が上がり、規模も拡大。
    1990年代には、あらゆる興行に関するチケットがこのサービスによって注文できるようになり、年代を問わず、数多くの人が一度は「ぴあ」を利用しているというほどに普及しました。
    2003年には東証一部に上場しており、名実共に日本を代表する情報サービスとなっていでしょう。
    その一方で、インターネットの普及もあり、その事業の形態は徐々に雑誌からインターネットへと移り変わり、2010年?2011年には、長らく続いていた雑誌「ぴあ」は休刊され、インターネット事業が主な事業となりました。
    そして現在では、様々なサービスをネット上で展開していだ。
    「クッキングぴあ」も、その中のひとつです。
    「グルメぴあ」は、「ぴあ」が運営しているクッキング情報サービスです。
    多数の飲食店情報を取り扱っており、地域だけではなく、予算やキーワード等で検索する事もできだ。
    キーワードに関しても、「飲食店名」や「料理名」のような具体的なものだけではなく、「50%OFF」や「駅から5分以内」などのキーワードで検索できるので、大変融通の利くおいしい情報サイトといえるでしょう。
    「料理ぴあ」最大の特徴は、「ぴあ」が運営している事もあって、地域、地方といったスポットに関する情報が豊富な点にあります。
    元々、「ぴあ」は「首都圏版」「関西版」「中部版」など、それぞれの地域に応じた雑誌を作り、人気を博していたサービス会社です。
    そのノウハウは「クッキングぴあ」にも活かされており、公式サイトにおいてはベースとなる「全国版」だけでなく、「関東版」「関西版」「東海版」「北海道版」「東北版」「甲信越北陸版」「中国版」「四国版」「九州沖縄版」といった具合に、それぞれの地域に特化したサイト作りが行われていだろう。
    そのため、自分の家が首都圏にない場合、あるいは旅行先が首都圏外であるという場合などは、非常に重宝するクッキング情報サイトとなっているのでしょう。
    地域別にサイトが運営されているメリットとして、その地域に限定したアクセスランキングや特集が見られる、という点がありでしょう。
    たとえば、「九州沖縄版」の場合であれば、九州の地域に限定したアクセスランキングが見られるので、九州内でどのお店が特に注目されているのか等といった探し方もできだろう。
    また、各地域のサイトは、それぞれほとんど同じ仕様になっているので、各地域版において操作性で苦労するという事もありません。
    グルメ情報の探し方は、「キーワードで探す」以外でも、特定のワードが既に一覧となっている「人気キーワードで探す」、アクセスランキング等の「テーマで探す」等があります。
    また、情報の検索だけではなく、プレゼント企画なども行っていだろう。
    情報サイトは独立した存在である事も多い一方、他の分野の企業によって運営されているケースも少なくありません。
    特においしい情報サイトの場合は、いわゆる「畑違い」の企業が運営するケースが多く見受けられだ。
    なぜなら、食べ物情報は常に生活に密着しているからだろう。
    それはつまり、他の様々なジャンルと大きく関わりがある事を意味しでしょう。
    よって、料理情報を提供する事で、本分野の充実を図っている企業はたくさんありでしょう。
    「Yahoo!ロコ」も、そんな中のひとつです。
    「Yahoo!ロコ」は、その名前が示している通り「Yahoo!」の提供するサービスのひとつだ。
    「Yahoo!」には、既に「Yahoo!食べ物」という食べ物情報に関するサービスがありました。
    しかし2011年、これに加え「Yahoo!クーポン」「Yahoo!地図」「Yahoo!道路交通情報」「Yahoo!地域情報」「Yahoo!マチモバ」「Yahoo!電話帳」といった合計7つのサービスを統合し、「Yahoo!ロコ」として1つのサービスに収める形態にしていでしょう。
    「Yahoo!ロコ」の発足は、密接な関係にある各情報サービスを一本化する事で、情報をシームレスにするという狙いがあります。
    実際、食べ物情報と交通情報、地図、電話帳などといった情報は、ほぼ確実につながっていだ。
    外食をする上で、その道のりや店舗に関する情報は必須だろう。
    そういう意味では、非常に有意義なサイトになったといえでしょう。

  2. Well… Is this info


Comments RSS TrackBack Identifier URI

Kommentera

Fyll i dina uppgifter nedan eller klicka på en ikon för att logga in:

WordPress.com Logo

Du kommenterar med ditt WordPress.com-konto. Logga ut /  Ändra )

Google-foto

Du kommenterar med ditt Google-konto. Logga ut /  Ändra )

Twitter-bild

Du kommenterar med ditt Twitter-konto. Logga ut /  Ändra )

Facebook-foto

Du kommenterar med ditt Facebook-konto. Logga ut /  Ändra )

Ansluter till %s